パスタに合う紅茶は? パスタの種類ごとに紹介

パスタ料理は、いろいろな物が広く親しまれています。これらと一緒に紅茶を飲むとしたら、どんな紅茶が合うのでしょうか?

 

日本で食べられているパスタはスパゲッティがメインです。食べ物や飲み物の組み合わせをフードペアリングといいます。ここでは、

 

・ペペロンチーノ

・カルボナーラ

・ミートソース、ラザニア

・ナポリタン他さっぱりしたトマトソースパスタ

・サラダパスタ

 

について、合う紅茶を紹介します。

 

ペペロンチーノ:ジャワ、ダージリンセカンドフラッシュ(いずれもストレート、アイスティー)

ペペロンチーノには色々なバリエーションがありますが、いずれもニンニクとオリーブオイルの風味が強いので、すっきり飲める紅茶が合います。

 

ダージリンセカンドフラッシュは、香り高さと心地よい渋みが特徴の紅茶です。上質なものにはマスカテルフレーバーというマスカットを思わせる香りがあります。

 

紅茶の渋み(タンニン)は口の中の油脂を洗い流す効果がありますが、ダージリンセカンドフラッシュのキリッとした渋みはペペロンチーノの油をさっぱりさせてくれます。強い香りはニンニクの風味にも負けません。

 

ジャワは、マイルドでくせのない風味とキレの良い後味が特徴の紅茶で、これはペペロンチーノのにんにくの風味を流すので、すっきり飲める味わいです。レモンティーやアイスレモンティー(いずれも無糖)にしてもすっきりさが増します。

 

カルボナーラ:アッサム(ストレート、ミルクティー)

チーズやクリームをたっぷり使い、卵も溶け込んだ濃厚なカルボナーラには、コクがあり乳製品と相性がいいアッサムがおすすめです。

 

アッサムは、さつまいもや栗を思わせる甘い香りと、ふくよかな味わいが特徴の紅茶です。どっしりとしたコクがカルボナーラの濃厚さをきちんと受け止めてくれます。

 

ミートソース、ラザニア:キームンストレート

トマトや肉のうまみたっぷりのミートソースには、同じようにうまみが強く、粉チーズとの相性もよいキームンを合わせるのがおすすめです。

 

キームンは、スモーキーな風味とうまみが特徴の紅茶です。上質なものだとスモーキーさより蘭やバラなど花を思わせる香気があります。ぜひ一度上質なものを試してみてほしい紅茶です。

 

ラザニアはチーズが多くて濃厚ですが、これには乳製品と相性がいいアッサムを試してみてもいいかもしれません。また、ミートソースよりも使う肉の量が多く、肉の味や脂で濃厚になるボロネーゼにも、アッサムを合わせてみるのをおすすめします。

 

ナポリタン他さっぱりしたトマトソースパスタ:キャンディストレート

キャンディは、マイルドで甘い香りとクセがない味わいの紅茶です。ほどよく酸味のある食材と合い、特にトマトと相性がいいので、トマトメインのパスタに合います。アラビアータなど、辛いトマトソースを使ったパスタには、アイスティーにして合わせるのもおすすめです。

 

サラダパスタ:ニルギリ、ヌワラエリヤ(いずれもストレート、レモンティー)

サラダパスタは野菜やハーブの風味を活かしたものが多く、レモンが効いたものもかなりあります。これらには、野菜やハーブ、レモンの風味に合いやすいニルギリやヌワラエリヤがおすすめです。

 

ニルギリは、花や柑橘を思わせる香りとマイルドな後味の紅茶です。さっぱりした飲み口なので、野菜の風味を殺しません。

 

ヌワラエリヤは、若葉や花を思わせる香りと、緑茶に通じる味わいを持った紅茶です。その青々しい香りから、ハーブ系の香りやレモンの風味と相性がいいので、サラダ系の生野菜に合います。

 

どちらの紅茶もレモンティーに合う紅茶で、サラダパスタにもレモン風味が合うことが多いので、レモンティー(無糖)にして合わせるのもなかなかおいしいです。

 

その他、きのこの和風パスタにはきのことも相性がいいダージリンセカンドフラッシュストレートを合わせるのがおすすめです。日本で愛されるたらこパスタは、バターや生クリームでもったりしがちなので、さっぱり食べられるジャワのレモンティーやアイスレモンティー(いずれも無糖)が合います。

 

まとめ

さまざまなパスタに合う紅茶を紹介しました。

パスタと言えばイタリア、イタリアと言えばコーヒーやカプチーノと連想が進みますが、紅茶もパスタに合わせる飲み物の選択肢としておすすめです。

今度食べるパスタに、紅茶を添えてみるのはいかがでしょうか?