インドネシアの紅茶

すっきりとしていて、渋みもすくなめで飲みやすい紅茶がつくられる、インドネシア。産地となるのはジャワ島、スマトラ島で、赤道直下のため、常に暖かく、年間を通して茶栽培がおこなわれます。17世紀、オランダの植民地であった時代に、中国種の栽培が始められ、19世紀、セイロン(スリランカ)からアッサム種が植樹され、拡大しました。
フィルタリングする
価格
価格
3 の結果
¥
¥
サイズ
サイズ
3 の結果
並び替え ベストセラー
並び替え

公式SNS

紅茶の基礎知識や入荷茶葉情報、キャンペーン情報などを発信しています。

Instagram / LINE / Twitter / Facebook