ウバ(スリランカ)

スリランカの高い標高にある産地で、世界三大銘茶の1つです。夏になると中央山脈の西側がモンスーンの影響で雨季になりますが、山の反対側には霧や風が流れ込み、その影響で独特の風味の紅茶ができあがります。

夏摘みには特にミントのような香り「メントール香(ウバフレーバー)」がほのかに感じられることがあるのが特徴で、この時期が旬(クオリティーシーズン)と呼ばれます。一方、一般的にこのメントール香が良いウバの特徴と言われたことから、メントール香を人工的に茶葉に着香しているケースがあるともいわれており、ナチュラルなウバを楽しみたい場合には、お店選びや茶葉選びにやや注意が必要です。

フィルタリングする
価格
価格
3 の結果
¥
¥
サイズ
サイズ
3 の結果
並び替え PUSH
並び替え

公式SNS

紅茶の基礎知識や入荷茶葉情報、キャンペーン情報などを発信しています。

Instagram / LINE / Twitter / Facebook