サンドイッチに合う紅茶は?はさむ具材ごとに紹介

サンドイッチは、軽食として広く親しまれています。アフタヌーンティーのセイボリー(塩気のある食べ物)として、古くからフィンガーサンドイッチが採用されていることからもわかりますが、サンドイッチは紅茶との相性がいい食べ物です。

 

飲み物や食べ物の組み合わせをフードペアリングと言います。ここでは、

 

・サンドイッチ全般

・キュウリサンド(キューカンバーサンドイッチ)

・ハムサンド

・鶏肉のサンド(チキンカツや照り焼き、サラダチキン)

・卵サンド

・ポテトサラダサンド

・野菜サンド、フルーツサンド

 

に合う紅茶を紹介します。

 

サンドイッチ全般:アッサム、ケニア、ルフナ、キームン(すべてミルクティー)

ミルクティーの味わいは、パン全般に合います。 アッサムは、麦芽水飴やさつまいもなどを思わせる甘い香りと、どっしりしたコクのある紅茶です。ふくよかな味わいでミルクとの相性がとてもよく、紅茶とミルクがお互いの甘さやコクを引き立てます。

 

ケニアは、穏やかでほのかに甘い香りと、程よいコクを持つ紅茶です。ストレートもおいしいですが、ミルクがよく合います。

 

ルフナは、黒糖や蜂蜜を思わせる甘い香りとスモーキーな風味、濃厚なコクを持つ紅茶です。これもミルクとの相性がいいです。

 

キームンは、スモーキーでうまみの強い紅茶です。上質なものはスモーキーさより、蘭やバラを思わせる香気があります。もともと塩味の食べ物に合う紅茶ですが、ミルクティーにするとまろやかでよりうまみを感じられる味わいになり、サンドイッチによく合います。

 

キュウリサンド:ニルギリ、ディンブラ(いずれもストレート、ミルクティー)

アフタヌーンティーで有名なティーフードと言えば、キューカンバーサンドイッチです。サンドイッチを作る時は、ぜひメニューに加えてください。

 

ニルギリは、花や果物を思わせる香りのする、スッキリした飲み口の紅茶です。さわやかな飲み心地がキュウリの風味を引き立てます。

 

ディンブラは、芳醇でウッディーさも感じる香りと、バランスの取れたコク・渋みを持つ、オールマイティーな紅茶です。飲みやすく、野菜や果物との相性がよいです。

 

ハムサンド:ディンブラ(ストレート、ミルクティー)、ダージリンセカンドフラッシュストレート

サンドイッチには紅茶らしい紅茶が合いますが、ディンブラは紅茶の優等生と評される茶葉です。シンプルなハムサンドに合います。

 

また、ハムは豚肉が原料ですが、豚肉にはダージリンセカンドフラッシュストレートが合います。ダージリンセカンドフラッシュは、香り高く心地よい渋みを持つキリッとした紅茶です。豚肉の強い味わいをスッキリさせてくれます。

 

鶏肉のサンド:ディンブラ、キャンディ(いずれもストレート、ミルクティー、レモンティー)

ディンブラもキャンディも、スリランカでとれるセイロンティーの一種ですが、肉としてはさっぱりした味わいの鶏肉には、飲みやすいセイロンティーが合いやすいです。

 

キャンディは、やわらかく紅茶らしい香りと、ほんのり甘い後味を持つ紅茶です。鶏肉にはレモンが合い、ディンブラもキャンディもレモンティーに合う茶葉なので、レモンティー(無糖)と鶏肉のサンドイッチを合わせるのもおすすめです。

 

卵サンド:ダージリンセカンドフラッシュストレート

ダージリンセカンドフラッシュは卵料理と相性が良く、心地いい渋みが卵のサンドイッチのクリーミーさを程よく中和してくれ、卵のサンドイッチの次の一口をおいしく味あわせてくれます。たまごサラダサンドだけでなく、厚焼き玉子サンドにもいい組み合わせです。

 

ポテトサラダサンド:ニルギリ、ディンブラ(いずれもストレート、ミルクティー)

ポテトサラダの素朴でまったりした味わいには、スッキリした飲み口の紅茶が合います。ニルギリのキレがある味わいや、ディンブラのほどよく渋みのある味わいを合わせるのをおすすめします。

 

野菜サンド、フルーツサンド:ニルギリ、キャンディ(いずれもストレート、ミルクティー)

レタスなど、生野菜の繊細な香りにはニルギリが合いやすいです。フルーツの風味にもニルギリはよくマッチします。

 

また、トマトをはさんだサンドイッチも多いですが、トマトサンドには、酸味を包み込む味わいで、トマトと相性がいいキャンディが合います。同じ理由で、キャンディは甘酸っぱい果物との組み合わせがいいです。

 

まとめ

いろいろなサンドイッチに合う紅茶を紹介しました。

ハンバーガーもサンドイッチと同じく、パンで具材をはさんだ食べ物ですが、ディンブラ、アッサム、ニルギリ、ケニアなど、多くの紅茶と合います。

コーヒーと一緒に食べられることが多い食べ物ですが、紅茶との組み合わせも、ぜひ試していただければと思います。