あんこを始めとした和菓子に合う紅茶は?和菓子の種類ごとに紹介

和菓子と紅茶は、あまり聞かない組み合わせですが、実はよく合います。緑茶に似た味わいの紅茶を選んだり、いただく和菓子と似た系統の香りの紅茶を選んだりすると、相性のよい組み合わせになることが多いです。

 

食べ物や飲み物との相性のことをフードペアリングと言います。ここでは、あんこを始めとして、和菓子の種類ごとに合う紅茶を紹介します。

 

大福、おはぎなどあんこ全般:
ダージリンファーストフラッシュストレート、ダージリンセカンドフラッシュストレート

 

ダージリンにはファーストフラッシュ(春摘み)、セカンドフラッシュ(夏摘み)、オータムナル(秋摘み)があり、それぞれ香りや味わいが異なります。

 

ダージリンファーストフラッシュは、爽やかで緑っぽい香気を持ち、フレッシュな味わいながら渋みもあるのが特徴の紅茶です。茶葉の発酵が少なめで、緑茶に通じる味わいがあります。みずみずしく繊細な風味と適度な渋みがあんこの優しい甘さにマッチします。

 

ダージリンファーストフラッシュは水色が非常に明るく、紅茶としてはかなり薄い色なので、初めていれる人はびっくりするかもしれません。味と香りはしっかりしていますので安心してください。

 

ダージリンセカンドフラッシュは、適度な渋みと甘み、華やかな香りが特徴のさらっとした紅茶です。特に上質な物はマスカテルフレーバー(マスカットに似た香り)と呼ばれる独特の香気を持ちます。

 

ダージリンセカンドフラッシュは、こころよい渋みが小豆の風味、あんこの甘さを引き立てます。強めの香りも、それほど香りの強くないあんこを食べるに当たって、いいアクセントになります。

 

桜餅、柏餅、その他水ようかんなど冷やして食べる和菓子:
ヌワラエリヤストレート

ヌワラエリヤは、草原のような香りや果物に似た香り、多少の渋みが特徴の紅茶です。これも緑茶に似た味わいがあり、青っぽい風味が桜餅や柏餅の独特の香りと特に合います。

ヌワラエリヤは比較的軽めの味わいの紅茶なので、水ようかんなど、冷やして食べる和菓子の繊細な味わいも殺さず引き立てます。

 

黒糖を使ったあんこの和菓子(黒糖まんじゅうなど):
アッサムストレート、ケニアストレート

アッサムは濃厚でコクがあり、甘い香りの紅茶です。このコクが黒糖の重めの風味を受け止めてくれます。甘い香りも黒糖の甘い香りにマッチします。その濃厚さから、よくミルクティーにされる紅茶ですが、脂肪分が少ないのが特徴の和菓子に合わせるなら、ストレートがおすすめです。  

 

アッサムをストレートで飲むなら、CTC(小さく丸いコロコロした茶葉)ではなく、リーフ(色々と種類はあるものの、基本的に葉をそのまま細く乾燥させたもの)の方がおいしくいれられる事が多いです。アッサムをいれる時は茶葉の形を確認してみてください。

 

ケニアはおだやかな香味とコクが特徴の紅茶です。やはりコクが黒糖の風味に合います。ストレートもミルクティーもおいしい紅茶ですが、和菓子に合わせるならストレートがおすすめです。

 

ケニアは多くの茶葉がCTCですが、アッサムと異なり、ストレートもCTCでおいしいものがいれられます。

 

いちご大福を始めとしたフルーツ大福:
ニルギリストレート

ニルギリは癖が少ない味わいの、柑橘に通じる香りを持つ紅茶です。その香りと軽めの味わいが、果物の香りとみずみずしい甘酸っぱさによく合います。渋みもほどよくあるため、フルーツ大福のフルーツを包んだ小豆あんや白あんの味わいにマッチします。

 

その他、落雁や和三盆の干菓子などの砂糖菓子はダージリンファーストフラッシュと相性がいいです。

 

和菓子には、小豆以外のあんこもよく使われます。芋、栗、かぼちゃあんの和菓子に相性がいいのはアッサムストレートです。アッサムの甘い香りは穀物系の甘い香り(モルティー)と呼ばれ、さつまいもや栗の香りに通じるところがあるので香りが合います。

 

まとめ

和菓子と紅茶の色々な組み合わせを紹介しました。 特にダージリンは、セカンドフラッシュ、ファーストフラッシュともに和菓子との組み合わせが良いので、和菓子にあわせるなら試してみてほしい紅茶です。ヌワラエリヤもあると、さらに合わせられる和菓子の幅が広がります。

 

ご紹介した主な紅茶

ダージリンファーストフラッシュダージリンセカンドフラッシュヌワラエリヤアッサム、ケニア、ニルギリ

 

おすすめ紅茶PICK UP

公式SNS

紅茶の基礎知識や入荷茶葉情報、キャンペーン情報などを発信しています。

Instagram / LINE / Twitter / Facebook