乳製品を使った料理に合う紅茶は?シチューやチーズたっぷりピザに合う紅茶を紹介

チーズたっぷりのピザや、牛乳で作ったホワイトシチュー、ホワイトソースベースのドリアやグラタンには、どんな紅茶が合うのでしょうか?

 

乳製品の濃厚さをまったり味わいたいなら、ミルクティーを合わせるのを、口の中をさっぱりさせつつ食べたいなら、ストレートティーを合わせるのをおすすめします。

 

食べ物や飲み物の組み合わせをフードペアリングと言います。ここでは、

 

・乳製品料理全般

・チーズたっぷりピザ

・ミルク煮(シチューやクリーム煮など)

・チーズ単体

 

に合う紅茶をそれぞれ紹介します。

 

乳製品料理全般:アッサム(ミルクティー、ストレート)

アッサムは、栗やさつまいもを思わせる甘い香りと、ふくよかで濃厚な味わいの紅茶です。乳製品全般と相性がよく、クリームやチーズとも合います。

 

ストレートのアッサムを入れる場合は、CTC(丸くコロコロした茶葉)ではなくリーフ(細くよじれた茶葉)がおすすめです。

 

逆に、ミルクティーのアッサムをいれる場合は、CTCの茶葉もおすすめです。短時間蒸らすだけで濃い味わいになり、ミルクに合う風味に仕上がりやすいです。

 

チーズたっぷりピザ:ケニア、ルフナ、キームン(いずれもミルクティーやストレート)

ケニアは、ほんのりとビスケットを思わせる穏やかな香味と程よいコクがあり、ストレートでもミルクティーでもおいしい紅茶です。

 

ルフナは、ややスモーキーな香りや黒蜜を思わせる甘い香りのある紅茶で、こっくりとした味わいです。ミルクとの相性がよく、ルフナミルクティーに夢中になる人も多いです。

 

チーズと蜂蜜のピザなどの場合、はちみつの甘さとも乳製品とも相性がいい、ケニアやルフナのミルクティーもおすすめです。

 

ホワイトソースたっぷりでそこまで癖がない素材のピザなら、ケニアをおすすめします。

 

トマトやバジルとチーズの取り合わせがよいマルゲリータピザや、肉・シーフードとチーズの取り合わせなら、キームンをおすすめします。

 

キームンは、スモーキーな香りと強いうまみが特徴の紅茶です。上質なものは蘭や薔薇を思わせる香りもします。うまみがあるので、ピザに限らず、塩味の食べ物全般によく合います。

 

ミルク煮:ディンブラ(ミルクティー)

ディンブラは芳醇な香りと程よいコク・渋みを持ち、紅茶の優等生と評される紅茶です。ストレートもおいしいですが、ミルク煮と合わせるなら、少し濃くいれてミルクティーにするのをおすすめします。

 

鶏肉のミルク煮にも、ベーコンやウインナーなど豚肉のクリーム煮にも合います。ホワイトシチューやグラタン、クラムチャウダーにも相性がいいです。

 

最近有名になったシュクメルリ(鶏肉とニンニクのミルク煮)くらいニンニクのきつい料理の場合、香り高くスッキリした味わいの紅茶、ダージリンセカンドフラッシュストレートティーを合わせてもいいかもしれません。

 

チーズ単体:キームン(ストレート、ミルクティー)

キームンは先ほど説明した通りの紅茶ですが、チーズとも相性がいいです。気取らないプロセスチーズのスライスや、チーズトーストにも合います。

 

その他、クリームチーズに合わせるなら、ダージリンセカンドフラッシュストレートやディンブラ(ミルクティーやストレート)もおすすめです。

 

カマンベールチーズなら、繊細な香りと快い渋みがあるダージリンファーストフラッシュ(ストレート)もおいしいです。

 

まとめ

乳製品を使った料理に合う紅茶をいろいろと紹介しました。

特にチーズは、紅茶好きな国民が多いことで有名なイギリスで、よくミルクティーと合わせて食されています。

ここでは主に産地ごとの紅茶を紹介してきましたが、ブレンドの紅茶であるイングリッシュブレックファストのミルクティーなども、チーズやチーズを使った料理との相性がとてもよいです。

イギリスの地を思いながら、乳製品の料理に紅茶を合わせるのを試してみてください。