イングリッシュマフィンに合う紅茶は?朝食にぴったりな組み合わせ

イングリッシュマフィンは朝食べるのに便利なパンですね。焼いてバターやジャムを塗ったり、ハムやチーズ、卵などを挟んで食べたり、トマトやレタス、アボカドを挟んで野菜を摂ったりもできます。ここでは、合わせる食材ごとに、イングリッシュマフィンに合う紅茶を紹介します。

 

バターやジャム:
アッサム、ケニア、ルフナ、サバラガムワ(ミルクティー)

バターやジャムを塗るのはパンを食べる上での定番なので、バターの風味やジャムの甘さと相性が良いミルクティー向けの紅茶を主に紹介します。

 

アッサムは、栗や水飴など穀物系の甘い香りとどっしりしたコクがある紅茶です。ミルクティーに合うだけでなく、乳製品全般の風味と相性が良いです。ジャム・バターだけでなく、メープルシロップなど、スイーツ系の味付けのイングリッシュマフィンにも合いやすいです。

 

ケニアは、クッキーを思わせる穏やかな甘い香りと程よいコクがある紅茶です。ストレートもおいしいですが、ここではミルクティーをおすすめします。気楽にたくさん飲める味わいの紅茶です。

 

ルフナは、黒糖や蜂蜜系の甘い香りと、スモーキーさがある紅茶です。コクがあり、物によっては苦味もあるのですが、ミルクティーにするとそれらの味わいがしっかりした飲みごたえに変わります。

 

サバラガムワは、やはり黒糖や蜂蜜を思わせる香りで、ルフナと似た味わいですが、スモーキーさはルフナより少ないことが多い紅茶です。

 

この他、ジャム単体の味付けなら、果物の風味と相性が良い、ニルギリのストレートもおすすめです。また、朝、香り高いミルクティーを飲んでしゃっきりしたいなら、ミルクティーに合う飲みごたえと強くすっきりした香りがある、ウバのミルクティーもおすすめです。

 

ベーコン、ハムやチーズなどハンバーガー系:
アッサム、キームン

肉類を合わせたイングリッシュマフィンには、コクのある紅茶やうまみの強い紅茶がおすすめです。

 

アッサムは先ほど紹介した通りの紅茶ですが、コクがあるため、肉類と合わせて食べるのも合います。ミルクティーにするとパンの風味に合いやすいですが、ストレートでも大丈夫です。ストレートをいれる際は、CTC(丸くコロコロした茶葉)よりリーフ(細くよじれた茶葉)のほうが合いやすいです。

 

キームンはうまみの強い紅茶で、塩味のもの全般に合いやすく、特にチーズと相性が良いです。一般的に、スモーキーな風味で知られていますが、上質なものは蘭などの花を思わせる香りがします。英国風にするならミルクティーがいい紅茶ですが、ストレートで合わせるのもおいしいです。

 

その他、エッグベネディクトなど卵中心の食材を合わせる場合は、卵の風味と相性が良いダージリンセカンドフラッシュのストレートもおすすめです。香り高くスッキリとした渋みのあるダージリンセカンドフラッシュは、卵の濃厚さ、まったりとした風味を程よくリセットしてくれます。

 

アボカドやレタス、トマトなど野菜中心:
ニルギリ、ディンブラ、ヌワラエリヤ(いずれもストレート)

野菜を合わせる場合は、野菜やハーブの風味と合う紅茶をおすすめします。

 

ニルギリは柑橘や可憐な花を思わせる香りの、軽く飲みやすい紅茶です。野菜やハーブと相性がよく、それらを使ったアレンジティーでもよく使用されます。アイスティーやアイスレモンティーでもおいしいです。

 

ディンブラは芳醇で少し木を思わせる香り、上質なものはバラを想起させる香りのある、コクと渋みのバランスが取れた紅茶です。紅茶らしい紅茶で、広い食材と相性がいいため、これもよくアレンジティーに使われます。アイスティーにしても飲みやすく、野菜と合わせたイングリッシュマフィンに合います。

 

ヌワラエリヤは草原を思わせる青っぽい風味や、花を思わせる香りのある、程よい渋みの紅茶です。緑茶に通じる味わいがあり、日本人好みの味わいと言われることもあります。野菜やハーブの

風味と相性がよく、レモンティーやアイスレモンティーでもおいしいです。

 

その他、トマト中心に合わせたイングリッシュマフィンだと、トマトの酸味と相性がよく飲みやすい紅茶のキャンディもおすすめです。

 

まとめ

イングリッシュマフィンに合う紅茶を、マフィンと組み合わせる食材ごとに紹介しました。いろいろな紅茶との組み合わせが楽しめるパンですので、いろいろな紅茶を揃えて試してみてください。

 

ご紹介した主な紅茶

アッサム、ケニア、ルフナ、サバラガムワ、キームンニルギリディンブラ、ヌワラエリヤ

 

公式SNS

紅茶の基礎知識や入荷茶葉情報、キャンペーン情報などを発信しています。

Instagram / LINE / Twitter / Facebook