正山小種 (ラプサンスーチョン) 2022年春摘み

¥1,500

 

中国福建省武夷山でつくられる紅茶の元祖、正山小種(ラプサンスーチョン)。

広く流通しているラプサンスーチョンは燻製香が非常に強いものですが、この紅茶は燻製香がほとんどなく、ほのかに中国の果実である竜眼(リュウガン/ロンガン)の香りがします。

茶葉本来の風味に加え、松で燻すことにより香りづけされるのがラプサンスーチョンの製法の特徴で、その意味ではフレーバードティーに位置づけられます。しかし、樹齢が約300年の野生の茶樹からつくられ、茶葉本来の風味が感じられるよう燻製香が抑えられたこの紅茶は、高貴でフルーティーな甘味をもち、クセの強いラプサンスーチョンが苦手な方でも楽しめます。ぜひ未体験の風味をお楽しみください。

おすすめペアリング:杏仁豆腐、シャーベット、エスニック料理など