紅茶基礎知識:紅茶の産地は?

紅茶の産地は、国別にいえば、インド、スリランカ、ネパール、中国、ケニア、インドネシア、そして日本でも生産されています。

特にインドやスリランカには、有名な産地が数多くあり、産地によって紅茶の風味が大きく異なるのも特徴です。

インドは、標高が高い産地であるダージリン、標高が低いアッサム、茶園によって標高が大きく異なるニルギリ。

スリランカは標高が高いほうから、ヌワラエリヤ、ウバ、ディンブラ、キャンディ、サバラガムワ、ルフナなど。
(スリランカでつくられた紅茶の総称がセイロンティーです)

一般的に標高が高い産地の茶葉ほど繊細ですっきりした風味に、低いほど濃厚で力強い風味になります。

ただ、面白いのは標高だけで味が変わるわけでもなく、雨の量や季節風の影響などが産地の特徴を作り上げていきます。(そのほか製法の違いによっても…)