紅茶の基礎知識:なぜジャンピングするのか?

透明なポットを使い、茶葉から紅茶をつくると、茶葉が泳ぐ様子(ジャンピング)を楽しむことができます。

ジャンピングはお湯を入れた勢いで最初だけ茶葉が舞い上がる現象ではありません。

お湯を入れた後、湿気を含まない軽い茶葉が浮いてきて、逆に水分を吸い込んで沈んでいき、お湯の中の酸素の力で浮かび上がって、酸素が減って沈んで、と繰り返されながら、浮いたり沈んだりする現象です。

茶葉が広い範囲で動きながら開いていくこと、状態の良い茶葉でなければジャンピングが起こりにくいことから、ジャンピングした紅茶は美味しいと言われます。

ジャンピングの条件
・酸素を多く含む湯(くみたて、沸かしたてであること)を使う
・お湯の対流が起こりやすい、丸いポットを使う
・保管状態の良い(湿気を含まない)良い茶葉を使う