ワッフルに合う紅茶は?ワッフルの種類ごとに異なる紅茶を紹介

ワッフルは、単体で食べるのも、シロップやフルーツを乗せて食べるのもおいしいお菓子です。こんなお菓子には、どんな紅茶が合うのでしょうか。

 

ワッフルにはいくつか種類があり、種類によって単体で食べたほうがおいしかったり、シロップやクリームを添えて食べたほうがおいしかったりします。

 

砂糖の粒がサクサクして、生地はフワフワで甘いリエージュワッフル(単体で食べるとおいしい種類のベルギーワッフル)、甘さ控えめでシロップやクリーム、果物のコンポートなどをかけて食べる長方形のブリュッセルワッフル(添え物をつけて食べる種類のベルギーワッフル)、生クリームやバター、シロップと相性がいい甘さのアメリカンワッフルなどが有名です。

 

また、日本風のワッフルでは、スフレ生地でたっぷりのクリームをサンドしたスフレワッフルもあります。

 

ワッフルの生地の甘さや添えて食べるものによって合う紅茶は異なってきます。食べ物や飲み物との組み合わせをフードペアリングといいます。ここでは、

 

・単体で食べるワッフル

・クリームやシロップを添えるワッフル

・スフレワッフル

 

3つについて合う紅茶を紹介します。

 

単体で食べるワッフル:ディンブラストレート、キャンディストレート

ディンブラは、甘い香りと爽やかな味わいの紅茶です。コク、渋みのバランスが取れていて、いかにも紅茶らしい紅茶と評されます。単体で食べるワッフルは焼き菓子として区分されますが、ディンブラはワッフルに限らず広くの焼き菓子の香りや味を引き立てる紅茶です。

 

キャンディは、やはり甘めの香りとマイルドでくせのない味の紅茶です。単体で食べるワッフルの代表であるリエージュワッフルは、中に入れる砂糖の粒としてメープルフレークが使われているものがありますが、キャンディは特にこのメープルの甘い風味と合います。

 

クリームやシロップを添えるワッフル:アッサムミルクティー

アッサムは麦芽糖(水飴)に似た甘い香りと力強い味わいが特徴の紅茶です。ブリュッセルワッフルやアメリカンワッフルにはシロップやたっぷりの生クリーム、ときにバニラアイスが添えられますが、アッサムは甘く強い香りとしっかりしたコクがシロップやクリーム、バニラアイスと相性が良いです。

 

アッサムはミルクと相性が良く、ミルクティーも乳製品のまろやかさを引き立てるので基本的にミルクティーをおすすめしますが、生クリームがこってりと乗ったワッフルなら、口の中が濃厚になりすぎないアッサムストレートティーもおすすめします。アッサムストレートティーをいれる時は、CTC(小さく丸いコロコロした茶葉)ではなくリーフ(茶葉を発酵させてからそのまま乾燥させて細くしたもの)を使うとおいしいです。

 

スフレワッフル:ルフナミルクティー、ケニアミルクティー

ルフナは蜂蜜を焦がしたような、甘いながらも少し煙のような香りとミルクに合うコクが特徴の紅茶です。スフレワッフルには生クリーム、ミルククリーム、カスタードクリーム、その他いろいろなフレーバーのクリームが挟まれますが、ルフナのコクはどのクリームにも合います。

 

ケニアは穏やかな香味とマイルドな味わいの紅茶です。これもコクがあるためスフレワッフルのクリームに合いますが、ルフナほど香りが強くないため、スフレワッフルのクリームが繊細なフレーバーの時(抹茶、ほうじ茶、その他いろいろ)におすすめです。

 

その他、スフレワッフルのクリームがカスタードのみの時は、カスタードの甘みを引き立てる程よい渋みがあるダージリンセカンドフラッシュストレートもおすすめです。また、果物などがメインのワッフルには、果物に合うニルギリや柑橘系の香りがついたアールグレイもいいでしょう。

 

まとめ

主に3種類のワッフルについて、合う紅茶を紹介しました。ワッフルと一言で言っても食べ方が色々あるため、合う紅茶はワッフルに合わせて大きく印象が異なる紅茶になります。その時のワッフルに合わせて、いろいろな紅茶を楽しんでください。