ロールケーキに合う紅茶は?種類ごとにおすすめの紅茶を紹介

ロールケーキにはどんな紅茶が合うのでしょうか?

 

ロールケーキには色々なバリエーションがあります。卵と小麦粉の生地で生クリームを巻いたプレーンなケーキ、生地に抹茶などを混ぜ込んで生クリームを巻いたケーキ、生クリームに生のフルーツを混ぜ込んだケーキなどです。

 

バリエーションごとに合う紅茶は異なります。食べ物や飲み物との組み合わせをフードペアリングと言います。ここでは

 

・プレーンロールケーキ

・抹茶ロールケーキ

・フルーツロールケーキ

 

3つそれぞれに合う紅茶を紹介します。

 

プレーンロールケーキ:アッサム(ミルクティーもストレートも)

アッサムは甘い香りと力強い味わいの紅茶です。コクがあるため、ミルクティーにしたり乳製品に合わせたりすることが多いです。プレーンロールケーキの生クリームの味わいやバニラの香りにアッサムの濃厚な味わいと甘い香りが合います。

 

アッサムのCTC(丸くて小さくコロコロした茶葉)だとミルクティーにするのがおいしいですが、リーフ(細く乾燥した茶葉)はストレートにもおすすめです。ロールケーキの生クリームがこってりしていると感じるときは、口の中の脂肪分をさっぱりさせるため、アッサムのストレートがいいでしょう。

 

抹茶ロールケーキ:ケニア(ミルクティーもストレートも)、ルフナミルクティー

ケニアは柔らかな香りと乳製品に合うコクが特徴の紅茶です。ミルクティーもストレートもおいしい紅茶なので、ロールケーキのまろやかさを長く楽しみたいならミルクティーを、ロールケーキを重たく感じるならストレートティーをおすすめします。

 

ケニアは香りが強くないので、抹茶ロールケーキの抹茶の風味を殺しませんし、コクがあるので生クリームの濃厚さと合います。

 

ルフナは甘くスモーキーな香りとミルクに合うコクが特徴の紅茶です。ケニアよりは強い香りですが、アッサムほど強い香りではないので、これも抹茶の風味を殺しませんし、コクが生クリームととても合います。

 

フルーツロールケーキ:キャンディミルクティー、ニルギリミルクティー

キャンディは香り、渋みともに癖がなく、後味が甘い紅茶です。ストレートもミルクティーもおいしいですが、フルーツロールケーキと合わせるならミルクティーがおすすめです。甘い香りが生クリームの風味に、癖のない味わいがフルーツの風味にとても合います。

 

ニルギリは爽やかな飲み口と柑橘系を思わせる香りが特徴の紅茶です。ストレートもおいしい紅茶ですが、ロールケーキに合わせるならミルクティーがおすすめです。 ニルギリはその香りと爽やかさが果物ととても相性がよく、フルーツロールケーキのフルーツの風味を生かしてくれます。

 

その他、栗や芋を混ぜ込んだロールケーキもありますが、これもアッサムミルクティー(アッサムリーフが手に入るならストレートも)がおすすめです。アッサムの甘い香りは栗や芋に通じる香りのため、ロールケーキの風味を高めてくれます。

 

まとめ

主に3種類のロールケーキに合う紅茶を紹介しました。

ロールケーキに限りませんが、食べ物には似た香りの紅茶を合わせるか、食べ物の香りを邪魔しない強さの香りの紅茶を合わせると、おいしいフードペアリングが成立することが多いです。

 

上にあげたのとまた違うロールケーキに出会っても、香りの相性を考えて紅茶を選べば、おいしいフードペアリングが期待できます。