モンブランに合う紅茶は?洋栗、和栗それぞれで紹介

最近のモンブランは、洋栗を使ったものと和栗を使ったものに分けられることが多いです。どちらの栗を使うかによって、味わいが異なるため、合う紅茶も違ってきます。

 

洋栗のモンブランは甘みが強く栗の風味も強めで濃厚な味わいであることが多いです。バニラや洋酒などの強いフレーバーも加えられることがあります。マロングラッセがアクセントに使われることがあります。

 

和栗のモンブランは甘み控えめの柔らかな風味であることが多いです。栗の粒を残すことも多く、栗の風味を大切にしている作りのモンブランで、栗の風味に少し渋みを感じることもあります。渋皮煮がアクセントに使われることがあります。

 

食べ物や飲み物との組み合わせをフードペアリングと言います。ここでは、

 

・洋栗モンブラン

・和栗モンブラン

 

それぞれに合う紅茶を紹介します。

 

洋栗モンブラン:アッサム(ミルクティーもストレートも)、ルフナミルクティー

アッサムは芋や栗を思わせる甘い香りと力強い味の紅茶です。ミルクティーにすることが多いですが、モンブランがこってりしすぎると感じるようならストレートもおすすめです。アッサムの香りは栗に通じる香りなので、モンブランの風味をさらに高めます。力強いコクも、味が濃い洋栗モンブランに合います。

 

ルフナはスモーキーながら蜂蜜を思わせる甘い香りと、ミルクに合うコクを持つ紅茶です。香りの甘さが洋栗モンブランの風味に合いますし、コクもクリームを使ったお菓子に見合います。

 

和栗モンブラン:アッサム(ミルクティーもストレートも)、キャンディミルクティー、サバラガムワミルクティー、ダージリンオータムナル(ミルクティーもストレートも)

アッサムは栗と香りが合うので、和栗モンブランにも合います。ただ、和栗モンブランは洋栗モンブランより繊細な味わいのことが多いので、キャンディやサバラガムワも試してみてほしいと思います。

 

キャンディは甘い香りとマイルドな味わいの飲みやすい紅茶です。香りも味も癖がないため、和栗の風味を殺しません。

 

サバラガムワはキャラメルや蜂蜜を思わせる香りと深いコクを持つ紅茶で、香ばしさを感じる苦みも少しながらあります。ルフナの隣で採れる紅茶なので性格は似ていますが、スモーキーさはあまりありません。

 

スモーキーさがないため、甘い香りが和栗の香りをより引き立てます。ルフナと似てミルクに合うコクがあるため、和栗モンブランにもたっぷり使われるクリームとの相性もバッチリです。サバラガムワの苦みもモンブランの甘さを増します。

 

ダージリンオータムナルは花を思わせる優しく甘い香り、まろやかなコクと甘みを持つ紅茶です。これも和栗の繊細な風味を引き立てる香りと味わいです。モンブランと合わせるならストレートでもミルクティーでも味わいはいいですが、ダージリンオータムナルの香りはストレートが格別ですので、一度はストレートで飲んでみることをおすすめします。

 

まとめ

洋栗モンブランと和栗モンブランに合う紅茶をそれぞれ紹介しました。

 

洋栗モンブランにはいかにもオーソドックスなモンブランが多く、強い風味の紅茶でも合いますが、和栗モンブランは実験的な試みの元作られているモンブランが多く、合う紅茶も色々に考えられます。

 

和栗モンブランはかなりあっさりした、和菓子に通じる味わいのものもあるので、そういうモンブランならヌワラエリヤストレートやダージリンファーストフラッシュストレートを合わせてみても面白いかもしれません。

 

その時の気分に合うモンブランを選んでみてください。そのモンブランに合う紅茶の参考になれば幸いです。