マカロンに合う紅茶は?マカロンのフレーバーごとに紹介

マカロンは、メレンゲにアーモンドプードルをあわせて作った生地を焼き上げて、クリームやジャム、ガナッシュを挟んだお菓子です。非常に様々なフレーバーがあり、フレーバーによって合う紅茶も大きく異なります。

 

食べ物や飲み物との組み合わせをフードペアリングと言います。ここでは

 

・マカロン全般

・バニラ、キャラメルなど

・フランボワーズやシトロンなど果物系

・チョコレート系

 

それぞれについて合う紅茶を紹介します。

 

マカロン全般:キャンディ、ディンブラ(ストレートもミルクティーも)

キャンディは、軽やかな紅茶らしい香りとマイルドな味わいが特徴の紅茶です。バニラやキャラメルなどの甘い香りのものにも果物にも相性がよく、マカロン全般に合います。

 

ディンブラは、芳醇な香りをもち、適度な渋みとコクがあるのが特徴の紅茶です。果物のフレーバーにもチョコレートのフレーバーにも相性がよく、また程よい渋みが口内の甘さを中和してくれるので、いくつでもマカロンが食べられます。

 

バニラ、キャラメルなど:アッサム、サバラガムワ(ストレートもミルクティーも)

アッサムは栗やさつまいもに似た甘い香りと力強い味わいが特徴の紅茶です。バニラ、キャラメル、蜂蜜など、甘い香りのフレーバー全般と相性がいいです。

 

サバラガムワは黒蜜や蜂蜜に通じる甘い香りとしっかりしたコクを持つ紅茶です。これも甘い香りのフレーバー全般と相性がいいです。

 

フランボワーズやシトロンなど果物系:ニルギリ(ストレートもミルクティーも)

ニルギリは、癖のない味わいと、上質なものは花や果物に通じる香りがある紅茶です。果物のフレーバー全般と相性が良いため、いちごやアールグレイフレーバーのマカロン(アールグレイの特徴的な香りはベルガモットという柑橘類からなる)と合わせるのもおすすめです。

 

チョコレート系:ウバ(ストレートもミルクティーも)

ウバは、華やかな香り(上質なものはメンソール香と呼ばれるミントに似た香りがある)と、どっしりした渋み、コクが特徴の紅茶です。チョコレート系のお菓子は重い味わいになることが多いですが、ウバはそれをしっかり受け止めてくれます。

 

その他、いちごやフランボワーズなどベリー系フレーバーのマカロンなら、ベリー系の香りと相性がいいローズブレンド紅茶もおすすめです。

 

まとめ

マカロンのフレーバーごとに合う紅茶を紹介しました。 紅茶が、色とりどりのマカロンを楽しむ一助になれば幸いです。