プリンに合う紅茶は何?おいしい組み合わせの紹介

プリンにはどんな紅茶が合うのでしょうか?

 

プリンの種類によって合う紅茶は変わってきます。プリンは、カスタードプリンとミルクプリンの2つに大別できます。

 

カスタードプリンは全卵、または卵の黄身が使われるため、卵の風味が強いプリンです。多くでカラメルソースも使われています。 ミルクプリンは牛乳、または牛乳と卵白で作られることが多く、ミルクの風味が主なプリンです。カラメルソースはふつう使われません。

 

食べ物や飲み物との相性をフードペアリングと言います。ここでは、

 

・カスタードプリン

・ミルクプリン

 

それぞれに合わせた紅茶を紹介します。

 

カスタードプリン:ルフナミルクティー、アッサムミルクティー

ルフナは、甘くスモーキーな香りとミルクに合うコクを持つ紅茶です。はちみつを燻製にしたような独特の香りがバニラの甘い香り、カラメルソースの香ばしさを引き立てます。豊かなコクがカスタードプリンの卵やミルクの風味と合います。

 

アッサムは、しっかりしたコクと、穀物を思わせる甘い香りを持つ紅茶です。栗やさつまいもに似た甘い香りがバニラの香りや卵の風味と合います。

 

アッサムにも色々あり、CTC(小さくて丸くコロコロした茶葉)はミルクティーがおすすめですが、リーフ(葉の形がわかる程度の大きさの茶葉)はストレートもとてもおいしいので、アッサムのリーフならストレートでカスタードプリンに合わせてもいいかもしれません。

 

ミルクプリン:キャンディストレート、ヌワラエリヤストレート

キャンディは、癖がなく甘さすら感じる後味と、同じく甘い香りが特徴の飲みやすい紅茶です。この甘い味わいと香りが、繊細なミルクプリンの甘さと合います。

 

ヌワラエリヤは、少し青っぽい香りや果物に似た香りのする、さっぱりした渋みの紅茶です。緑茶に似た味わいがあるため、日本人好みの味とも言われています。ミルクプリンの繊細さを損なわない軽めの味わいながら、適度な渋みが口の中をリセットしてくれるので、交互に口に運ぶとミルクプリンの甘さ、まろやかさを最後までおいしく味わえる紅茶です。

 

まとめ

2つのタイプのプリンについて、おすすめの紅茶を紹介しました。プリンには、他にも多くのバリエーションがあり、それぞれに合う紅茶が考えられます。

生クリームやフルーツが乗ったプリンアラモードには、濃厚さにも果物にも合うディンブラがいいでしょう。 マンゴーやいちご、オレンジなどを混ぜ込んだフルーツ系のプリンには、果物に合うニルギリがおすすめです。 栗やかぼちゃを練り込んだ秋冬スイーツ系プリンには、穀物系の香りのアッサムが合います。

プリンのバリエーションに応じて、ぜひ、さまざまな紅茶を試してみてください。