チーズケーキに合う紅茶は?ケーキのタイプ別に紹介

チーズケーキはスイーツの一大ジャンルです。そのため、色々な種類がありますが、どんな紅茶が合うでしょうか?

 

食べ物や飲み物の組み合わせをフードペアリングといいます。ここでは、チーズケーキのタイプごとに、ケーキのおいしさをより引き立たせる紅茶を紹介します。ぜひご覧ください。

 

ベイクドチーズケーキ(どっしり濃厚系):アッサムミルクティー、ルフナミルクティー

フードペアリングでは、乳製品にはミルクを使った飲み物、濃厚なものにはコクがある飲み物を合わせるのが定番とされています(あくまで『定番』で、それ以外の組み合わせもたくさんあります)。

 

アッサムはコクと甘い香り(芋や栗に例えられる)が特徴で、ミルクティーが定番の紅茶です。そのコクが乳製品全般のまろやかさにベストマッチします。ベイクドチーズケーキを食べた後にアッサムミルクティーを飲むと、穀物系の甘い香りが鼻に抜けて、チーズの風味や焼き菓子特有の香ばしさを引き立てます。

 

お茶の渋みは口の中の油を洗い流す効果がありますが、アッサムは渋みもほどよくあるので、チーズケーキを食べたあとの口を適度に洗い流してくれて、次の一口をさらにおいしく味わえます。

 

ルフナはどっしりとしたコクがあるため、ミルクとの相性がとびきりいい紅茶です。ミルクティーといえばルフナという人もいるほどです。 そのコクとミルクとの相性の良さゆえに、濃厚なチーズケーキに合わせるのに適任で、甘いけれど少し煙っぽい香りがチーズの風味にも焼き菓子の香りにもマッチします。

 

ベイクドチーズケーキ(ふわふわスフレ系):ヌワラエリヤストレートティー

ヌワラエリヤは適度な渋みと少し青っぽい香り(グリニッシュ)、花のような香りを持つ紅茶です。この渋みがスフレ系のベイクドチーズケーキの軽い食感、甘さにちょうどよく、爽やかな香りは、ときに重くなりがちなチーズの風味を軽くしてくれます。

 

ヌワラエリヤは軽めの紅茶ですが、スフレ系のチーズケーキと合わせると特に爽やかさが引き立つので、ぜひ試してほしい組み合わせです。

 

レアチーズケーキ(どっしり濃厚系):ディンブラミルクティー、ルフナミルクティー

ディンブラはクセのない味わいとフレッシュな香りが特徴の紅茶です。オールマイティーな紅茶なので、ストレートティーでもミルクティーでもおいしいですが、チーズケーキに合わせるならミルクティーにするのをおすすめします。

 

フレッシュさが、チーズケーキの濃厚さを引き立てます。ディンブラにはある程度のコクもありますが、これがベイクドチーズケーキより軽めのレアチーズケーキに合わせるとちょうどよく、しみじみとケーキを味わえるはずです。

 

ルフナの特徴はベイクドチーズケーキでお話したとおりですが、濃厚なレアチーズケーキにもとても合います。

 

レアチーズケーキ(軽やかフルーツ系):ニルギリストレートティー

レアチーズケーキには柑橘などの果物が合わせられることが多いですが、ニルギリは果物、特に柑橘系の爽やかさを引き出す紅茶です。青っぽい香り、花や果物のような香りが柑橘系の香りにベストマッチします。

 

ニルギリは、マイルドで軽やかな味わいながら適度な渋みもあり、レアチーズケーキの甘さにぴったりです。特にレモン系のレアチーズケーキと合わせたときなどは、ケーキと紅茶がお互いの良さを引き出して、たまらない組み合わせになります。

 

基本的にストレートティーをおすすめしますが、フルーツ系でありつつ濃厚なレアチーズケーキなら、少し濃くいれてミルクティーにした方が合うかもしれません。

 

その他、柑橘系の香りのレアチーズケーキなら、同じく柑橘系のフレーバーであるアールグレイもおすすめです。

 

まとめ

同じチーズケーキでも、タイプごとに合う紅茶はそれぞれです。紅茶は、産地により本当にさまざまな味わいがあり、産地ごとにフードペアリングも変わってくるので、ぜひ色々なチーズケーキに合わせて色々な紅茶を味わってみてください。