ショートケーキに合う紅茶は?ケーキのタイプごとにおすすめの紅茶を紹介

ケーキと言えば、まず思いつくのがショートケーキですが、ショートケーキにはどんな紅茶が合うのでしょうか?

 

ショートケーキにも色々な種類があり、いちごたっぷりのもの、いちご以外の果物を使ったもの、生クリームたっぷりのものなどがあります。

 

食べ物や飲み物との相性のことをフードペアリングと言います。ここでは、ショートケーキを大まかに2タイプに分けたとき、どんな紅茶が合うかを紹介します。

 

フルーツ多め:ニルギリストレートティー

ニルギリは、コクや渋みがそれほど強くない、あっさりした味わいの紅茶です。ほのかに柑橘を思わせる香りがあるため、軽やかな味と相まって、果物の香りと甘酸っぱさを引き立てます。

 

ショートケーキと言えばいちごですが、桃のショートケーキや洋酒でオレンジの風味がついたショートケーキもあります。ニルギリは、いちごに限らず果物全般に合うため、色々なフルーツのショートケーキに対応できる紅茶です。

 

フルーツメインのショートケーキならストレートティーがおすすめですが、生クリームもこってりのショートケーキなら、ニルギリを濃い目にいれて、生クリームと相性がいいミルクティーにしてもいいかもしれません。

 

クリーム多め:キャンディミルクティー、アッサムミルクティー

キャンディは癖がなくまろやかで、香りも後味もほんのり甘い紅茶です。いかにも紅茶らしい赤褐色のきれいな水色が出るので、白いきれいなティーカップを使うと見た目にも美しくなります。穏やかな味わいと甘い香りが生クリームの甘い香り、いちごの甘い香り、スポンジの優しい味わいにとても合います。

 

ストレートでもミルクティーでもおいしい紅茶ですが、ミルクティーの方が生クリームとの相性がよいため、クリーム多めのショートケーキと合わせるときはミルクを入れるのがおすすめです。

 

アッサムは力強い味わいと穀物系の甘い香り(栗や芋系)が特徴の紅茶で、ミルクとの相性が良い紅茶です。芳醇な甘い香りが生クリームやいちごの甘い香りにとても合います。豊かなコクがあり、その味わいは生クリームを始めとした乳製品全般にマッチします。

 

他に、ショートケーキに使われているフルーツの香りに準じたフレーバーの紅茶もマッチします。 例えば、定番のいちごならベリー系のフレーバーの紅茶、桃が使われているならピーチフレーバーの紅茶、グレープフルーツやオレンジが使われていたら同じ柑橘系のアールグレイやレモンのフレーバーの紅茶が合います。

 

まとめ

ショートケーキのタイプごとに合う紅茶を紹介しました。 紅茶は産地ごとにまるで味わいが違いますし、ミルクを入れるか入れないかによっても合う食べ物の種類がかなり変わってきます。色々な組み合わせを楽しんでみてください。