ミストバレー茶園

ネパールの2大産地の1つイラム。ミストバレー茶園はそのイラムを代表する茶園の1つであり、高品質なオーガニック茶葉をつくる名園です。
 

立地

標高1400~1717m、ダージリンと国境を接するネパール東部イラムの村ジットプールに位置します。霧が発生することが多いこの地域はミストバレーと呼ばれます。

歴史

第二次世界大戦中に元グルカの少佐だったアサル・バハドゥル・リンブと、2022年現在、会社の主要な所有者である息子のスレッシュ・リンブ氏によって設立。茶園と加工および包装するための工場を持ち、年間約100トンのプレミアムティーを生産。インド、ドイツ、中国、アメリカ、フランス、そして日本に販売しています。

紅茶の特徴

すっきりとしていながら味わい深く、ダージリンのような香り高さが特徴的です。ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、サマーフラッシュ、プレオータムナルフラッシュ、オータムナルフラッシュの5つの季節に分かれて製造され、共通してこだわりのグレードであるSFTGFOP1-TIPPYが製造されます。


 
フィルタリングする
価格
価格
1 結果
¥
¥
サイズ
サイズ
1 結果
並び替え ベストセラー
並び替え

公式SNS

紅茶の基礎知識や入荷茶葉情報、キャンペーン情報などを発信しています。

Instagram / LINE / Twitter / Facebook