ポトトゥワ茶園

セイロンティーのローグロウンティー(※1)として知られるルフナですが、ルフナの中でも名のしれた茶園の1つです。

 

立地

島国スリランカの南部、標高600m以下に位置します。

 

紅茶の特徴

カラメルや黒糖のような甘い香りと少しの香ばしさを感じます。濃厚な味わいで、ミルクとの相性がよいです。

ポトトゥワ茶園では、アッサム種(※2)が主に栽培されています。

 

注釈

※1:紅茶は栽培される標高によって香りや味わいが大きく異なり、特にスリランカのセイロンティーはハイグロウンティー(1300m以上)・ミディアムグロウンティー(1300~670m)・ローグロウンティー(670m以下)に分類されることが多いです。一般的に、標高が高いほど香りが強くなり繊細な味わいの紅茶になります。標高が低いとコクがありふくよかな味わいになりやすいです。

※2:茶樹は大きくアッサム種と中国種に別れます。この2つを交配したハイブリッド種も多く栽培されています。

 

フィルタリングする
価格
価格
1 結果
¥
¥
サイズ
サイズ
1 結果
並び替え ベストセラー
並び替え