ハランガラ茶園

2019年に西部ミディラムグロウンのカテゴリで、OP1等級で近年史上最高値を達成したハランガラ茶園(Harangala)。
人気のスリランカ産地、キャンディ(Kandy)の茶園です。

立地

標高1,163メートル。ミディアムグロウンティー(※1)のキャンディの中ではやや標高の高い地域に位置します。

歴史

1870年設立の歴史ある茶園です。
年間50万キロの製茶を行い、ISO 22000およびHACCPの認証を受けています。

紅茶の特徴

キャンディの中でもヌワラエリヤに近い、標高の高い地域にあるため、ややすっきりとした味わいです。
評価の高いOP1の紅茶は渋みが少なく、熟した果実のような風味をもっています。

年間50万キロの製茶を行い、ISO 22000およびHACCPの認証を受けています。

注釈

※1:スリランカのセイロンティーはハイグロウンティー(1300m以上)・ミディアムグロウンティー(1300~670m)・ローグロウンティー(670m以下)に分類されることが多いです。

※2:紅茶は栽培される標高によって香りや味わいが大きく異なります。一般的に、標高が高いほど香りが強くなり繊細な味わいの紅茶になります。


フィルタリングする
価格
価格
1 結果
¥
¥
サイズ
サイズ
1 結果
並び替え ベストセラー
並び替え

公式SNS

紅茶の基礎知識や入荷茶葉情報、キャンペーン情報などを発信しています。

Instagram / LINE / Twitter / Facebook