ニュービタナカンダ茶園

現代的な設備と古くからの技術を組み合わせて紅茶を生産している茶園です。


立地


スリランカ中央山脈の南西、シンハラジャ熱帯雨林の麓に位置します。標高600m以下(※1)の茶園です。

 

歴史


1940年代初頭に作られ、1947年に茶葉の生産を開始しています。
紅茶の特徴
蜂蜜やチョコレート、かすかなアプリコットを思わせる風味、麦芽を思わせる甘い味わいとほろ苦さを持ちます。調理したりんごを思わせると評する人もいます。

コクがあり、ミルクとの相性がよいです。

アラブ諸国で人気の茶葉であり、アラブではチャイとして飲まれることが多くなります。

 

注釈

※1:紅茶は栽培される標高によって香りや味わいが大きく異なります。一般的に、標高が高いほど香りが強くなり繊細な味わいの紅茶になります。標高が低い場合はコクがありふくよかな味わいの茶葉になりやすいです。

フィルタリングする
価格
価格
1 結果
¥
¥
サイズ
サイズ
1 結果
並び替え ベストセラー
並び替え