セシリヤン茶園

プレミアムな品質の紅茶を作り、地元スリランカで紹介している茶園です。


立地

南スリランカ、シンハラジャ熱帯雨林の麓に位置する低標高(※)の茶園です。面積は53ヘクタールほどになります。

森林保護区周辺にあるので、土壌の栄養が豊富であり、健全な茶樹を作る助けになります。


歴史

1920年代に設立しました。この茶園の所有者はセシリヤン・アソシエーツという家族経営の会社であり、セシリヤンという名前は、もともとの所有者の妻の名前から取られています。


紅茶の特徴

カラメルのような甘い香りがあり、穀物系の甘い香りもやや混じります。蜂蜜を焦がしたようなスモーキーさと甘みがあるマイルドな口当たりです。いちじくの香りやチョコレートを思わせるほのかな苦味があると評する人もいます。

午後に飲むのにふさわしい紅茶で、ミルクと相性がいいです。ミルクティーにすると、カフェオレに通じる味わいがあると評する人もいます。

セシリヤン茶園は、紅茶を伝統的手法と21世紀の技術を合わせて作っています。セシリヤンの茶葉は、2018年のスリランカ茶輸出業界が主催するトータルエクセレントインティープロダクションアワードで受賞歴があります。

また、この茶園はレインフォレストアライアンス認証やISO22000などを取得しています。


注釈

※紅茶は栽培される標高によって香りや味わいが大きく異なり、特にスリランカのセイロンティーはハイグロウンティー(1300m以上)・ミディアムグロウンティー(1300~670m)・ローグロウンティー(670m以下)に分類されることが多いです。一般的に、標高が高いほど香りが強くなり繊細な味わいの紅茶になります。標高が低いとコクがありふくよかな味わいになりやすいです。

フィルタリングする
並び替え ベストセラー
並び替え
申し訳ありません。そのカテゴリには現在商品がありません。