サットン茶園

サットン茶園はインド、ニルギリ産地の茶園です。

立地

ニルギリの丘陵地帯でウーティに続き、2番目に大きい町クヌールにあり、茶園は標高1826mの高地にあります。

歴史

1925年、アルフレッドヴェダムトーマス氏が300エーカーの茶畑を管理し始めたことから始まりました。コーヒーやスパイスなどのスパイス、また食品以外の輸出にも拡大していき、AVTグループとなった現在は、15の企業、11000名の従業員を抱える組織になっています。(2022年現在)

 

紅茶の特徴

サットン茶園がつくるこの紅茶は、ややスパイシーさも感じるニルギリらしい紅茶です。地域社会、労働条件、環境保全などにつながる手法を用いて生産されることで認証されるレインフォレスト・アライアンス認定を受けています。

フィルタリングする
価格
価格
1 結果
¥
¥
サイズ
サイズ
1 結果
並び替え ベストセラー
並び替え