コートロッジ茶園

ヌワラエリヤの紅茶の中でも、最高級の茶葉を生産している茶園です。

立地

スリランカ中央高地の最も高い部分、ピドゥルタラガラ山に位置します。標高(※)は1830~2255mほどです。

近くにボンブル滝という有名な滝があります。昼夜の寒暖差が激しいため、繊細な味わいの茶葉が育つ土地です。

歴史

1883年に設立しました。もともとはコーヒー畑があった土地でしたが、コーヒーの木が病気で育たなくなった後に茶畑に転換されました。

 

紅茶の特徴

草のような青っぽさと花の香りが感じられる爽やかな風味です。コートロッジは、近年、スリランカの紅茶オークションであるコロンボオークションで優れた価格を出しています。

 

注釈

※紅茶は栽培される標高によって香りや味わいが大きく異なり、特にスリランカのセイロンティーはハイグロウンティー(1300m以上)・ミディアムグロウンティー(1300~670m)・ローグロウンティー(670m以下)に分類されることが多いです。一般的に、標高が高いほど香りが強くなり繊細な味わいの紅茶になります。標高が低いとコクがありふくよかな味わいになりやすいです。
フィルタリングする
並び替え ベストセラー
並び替え
申し訳ありません。そのカテゴリには現在商品がありません。