グランセ茶園

ネパール東部の紅茶産地ダンクタにて、ジュンチャバリ茶園と並ぶ名園として知られるグランセ茶園。
若くて力強いクローナル種(※1)から芳醇な紅茶をつくり、最高のものだけをお客様にお届けすることを信条としている茶園です。
 

立地

標高 1000m~2200m、青々とした緑の丘にあり、プレミアムなオーガニック茶を生産する世界で最も標高の高い茶園とされています。(※2)
 

紅茶の特徴

 気温が低く、植物の成長が遅くなる分、葉に含まれる炭水化物の含有量が高くなり、複雑かつ甘く香りのよい茶葉が出来上がります。
また、高地で昆虫が少なく、葉が虫に対抗するために生成する化合物が少ないことで苦み成分が少ないことも特徴です。

機械で作られるSTGFOP1などのグレードとは別に、Hand Rolled Floral(H.R.Floral)と呼ばれる、丁寧にハンドメイドされた花のような香りとまろやかな味わいの紅茶はとても高い評価を受けています。

NASAA有機認証、JAS認証、ISO 22000-2005認証を取得しています。
 

注釈

※1:選抜した品種の茶樹を挿し木で増やしたものをクローナル種といいます。挿し木は遺伝的に完全なクローンが得られるため、均一な品質の茶葉を生産しやすくなります。
※2:紅茶の性質において栽培地の標高は重要な要素であり、一般的に標高が高いほど独特の味や香りが生まれます。


フィルタリングする
価格
価格
2 の結果
¥
¥
サイズ
サイズ
2 の結果
並び替え ベストセラー
並び替え

公式SNS

紅茶の基礎知識や入荷茶葉情報、キャンペーン情報などを発信しています。

Instagram / LINE / Twitter / Facebook