グナワルダナ茶園

地元スリランカでの評価が高いルフナの茶園です。
 

立地

南スリランカのアクレッサの町の近くにある、低標高(600mほど)(※)の茶園です。高温多湿で雨が多い気候のため、高地より茶樹の生育が早いです。

旅行先としても人気が大きい土地です。


歴史

1991年に設立しました。かつてはシナモンを栽培していた畑です。
紅茶の特徴
カラメルのような甘い香りとスモーキーさを持ち、ほどよくコクがあります。ミルクと相性がいいです。

成長の早いローグロウンティーらしく、大きめの茶葉になりやすいのが特徴です。


注釈

※紅茶は栽培される標高によって香りや味わいが大きく異なり、特にスリランカのセイロンティーはハイグロウンティー(1300m以上)・ミディアムグロウンティー(1300~670m)・ローグロウンティー(670m以下)に分類されることが多いです。一般的に、標高が高いほど香りが強くなり繊細な味わいの紅茶になります。標高が低いとコクがありふくよかな味わいになりやすいです。
フィルタリングする
並び替え ベストセラー
並び替え
申し訳ありません。そのカテゴリには現在商品がありません。