福建省/正山小種 ラプサンスーチョン(中国)

福建省の武夷山は世界で初めて紅茶がつくられた地といわれています。

気温の低さから、紅茶の製造工程で必要な萎凋・発酵を自然のなかで行うことが困難であったため、松の木を燃やして茶葉を乾燥させたともいわれており、この地でつくられる正山小種(ラプサンスーチョン)は一般的に松の煙によるスモーキーなフレーバー(正露丸のような匂い)が特徴と言われています。

しかし、上質な正山小種では、発酵により生まれる紅茶本来の風味を重視し、スモーキーさがほとんどないものが多く、ほのかに甘くフルーティーな風味が感じられます。

フィルタリングする
価格
価格
1 結果
¥
¥
サイズ
サイズ
1 結果
並び替え ベストセラー
並び替え